NPO法人元気やネット
姿勢・歩き方サークル,ライフスタイルの講座,イベントで
女性の心と身体の健康をサポート

 

団体概要

特定非営利活動法人 元気やネットは、健康体操と託児サービスを通じて女性の元気をサポートするNPOです。

私たちの想い

子どもとの時間を大切にしているママ
子育てに、仕事にとがんばっているママに
ちょっとだけ息抜きして
自分の時間を持って欲しい。
自分を見つめて感じて欲しい。

自分と向き合うことでエネルギーチャージできたら、また楽しく子育てをしてほしい
それがきっと子どもの元気に繋がる。

そしてママも子どもも元気になれば それは社会の活性化にも繋がる

子育てがちょっと落ち着いた先輩ママとして、
私たちに出来ることは、今子育てに奮闘するママを応援すること。
また同じ仲間として、中高年女性の健康をサポートすること。

それが自分たちにできる 社会への恩返しだと思って活動しています。

私たちの2つの活動

【1】 フィットネス事業 フィットネスで健康を応援

①各健康講座
PTA活動、学校保健活動、婦人会、保健センターなど
からご依頼をいただいています。
②託児付きフィットネスサークルの運営
③マタニティピラティス

【2】 託児事業 託児でママの子育てを応援

①イベントなどのグループ託児
②運転免許センターにおける託児委託業務

設立の背景
子育て中の不安、負担のこと

 子育て中は、当然のことながら子供中心の生活になります。愛するわが子といっしょにいるのは、この上ない幸せでもあるのですが、一方で社会から 孤立しやすくなってしまうという現状もあります。この状況は情報化社会の中では、自分だけが置いて行かれているような孤独感に繋がることもあります。
また、核家族化が進んだことで、子育てが母親一人に集中しやすくなっています。初めての出産後は、一人で慣れない子育てをしていると、ちょっとしたことも気になったりします。小さな迷いや悩みも 積み重なると、ストレスになってしまいます。そして、そのストレスは母親本人さえ気づきにくいので、周りも見えにくくなります。
さらに、産後のホルモンの変化により感情の起伏が激しくなったり運動不足や出産による身体の変化もあり、「こんなはずじゃなかった」と自信を失う母親も少なくありません。

 このように子育て中の母親の心情はなかなか理解してもらえないことがあります。
母親自身でさえ、そのストレスを言葉で言い表すのは難しいのではないでしょうか。 

 例えば、寝不足。仕事で寝不足ということは、良くあります。
でも、それは○日までに仕上げなければいけないから、明日は○時に起きようなどと、自分自身がある程度予定したり、自分で目覚ましをかけてコントロールできる寝不足です。
一方子育て中の寝不足は少し質が違います。授乳して抱っこしてゲップをさせて やっと横になったかと思うと、すぐにぐずったり‥と母親の意志と関係なく起こされるのです。愛しい我が子なので、たいていの母親はそれを受け入れ夜中の世話をするでしょう。ただ、それがずっと続くと 母親として当たり前のことでも、辛く感じたり頭がボーッとなったりで、ジワジワとストレスになったりします。

 日中も、育児書通りにはいかないハプニングの連続。拭いたり、拾ったり、洗ったりしているうちに一日が過ぎていきます。
子どもはかわいい、愛しい、でも外で働いていたときにあった、上司、仲間からの励まし、達成感、叱責すらなく、自分が自分を感じる暇もなく なんだか分からないまま過ぎていく毎日。この、「なんだかわからないまま 一日が終わる」という状態が続くと、自分が社会から取り残されている感覚になったりします。

 母親自身もそういう負担を口にするのは「母親として失格かな」と自分を責めてしまうこともあるそうです。
こういう目に見えにくい負担は、経済的な負担や病気なとの身体的な負担など、大きな問題の影に隠れ社会から手をさしのべてもらえない部分です。母親ならみんなあること、昔の母親はみんなそうだったというご意見もあるでしょう。

 確かにそうなのですが、女性がいろいろな生き方を選ぶ時代だからこそ、今の母親は昔と違うストレスを負っているのではないでしょうか。

 じつは、これらのことは、5人の子育て中の私自身のことでもあり、元気やネットのスタッフの過去の姿でもあるのです。

 自分たちも悩み、通った道だからこそ、そういう隠れた負担を少しでも軽くする活動をしよう。
今がんばっているママ達に、一時でも自分の時間を持楽しんで、また元気に子育てをしてもらおう。
それが私たちの願いです。

託児付きフィットネスサークルH2OからNPO法人元気やネット設立への歩み
1987年 富山県射水郡小杉町南太閤山(現射水市)ショッピングセンターパスコ催事場にて「託児付きエアロビクスサークルH2O」活動開始
1991年 射水市南太閤山公民館へ活動場所を移動。サークルH2Oとなる
2001年 大島町中央公民館で託児付き簡単エアロビクスサークルスタート
2002年 婦中町ふれあい館で託児付き簡単エアロビクスサークルスタート
2003年 スタッフが21世紀財団認定保育サポーターの 資格を取得
2004年3月 新湊市で託児付き簡単エアロビクスサークルスタート(現在は活動中止)
2004年6月 NPO法人元気やネット誕生!
2012年 砺波市で託児付きピラティスサークルスタート
2013年 富山市で託児付きピラティスサークルスタート
【1】フィットネス事業について

健康講座 講師派遣のご案内

5名から200名以上まで、場所や目的、ご予算にあったワークショップがそろっています。

▶▶ 岡村 祥子



ミスユニバース富山大会、ミス・アース富山石川大会講師。ウォーキング+ピラティスで、軸を作り、きれいな姿勢でしなやかなボディをつくる教室を展開

▶▶ 野村 恭子



癒しオーラいっぱいの優しい笑顔が魅力。スラリとした長身を活かしたエアロが得意。しなやかな動きでメンバーさんを惹きつける

▶▶ 樋口 摩紀



腰痛をきっかけにピラティスを始め、その奥深さに魅了される。「身体本来の可能性を引き出すピラティス」を目指す。Basi認定講師。2児のママ

託児付きフィットネスサークルのご案内

イベント託児

免許更新時の託児

健康講座のご案内

活動報告・助成金事業報告 カサンドラ自助会、講座

  • 地域活性化NPO支援事業
  • サークル20周年事業
  • 県とNPO協働パイロット事業
  • 県とNPO協働事業
  • 運転免許センター託児業

富山でカサンドラ症候群自助会、カサンドラとASDを理解する講座を開設

F